【IoTで民泊運営へ】レオパレス21初の民泊運営を福岡、愛知の保有物件3棟で開始!

株式会社レオパレス21と同社グループ会社の株式会社ウイングメイトは12月19日、同社保有のマンションタイプの物件3棟で、12月28日より同社初となる民泊の運営を開始することを公表した。民泊として運営するのは「レオパレス博多」の10戸、「レオパレスRX堤」の9戸、「レオパレスRX栄町」の2戸でAirbnb(エアビーアンドビー)と楽天LIFULL STAY株式会社が提供するVacation STAY(バケーション ステイ)等を通じて宿泊予約を受け付ける。

同社が展開する民泊の施設の客室には電子レンジ、冷蔵庫、テレビ、エアコン、ベッドといった家具家電のほか、暗証番号での開錠が可能なスマートロック、また居室には楽天コミュニケーションズ株式会社が提供する民泊運営支援サービス「あんしんステイIoT」を導入する。

「あんしんステイIoT」を導入することによりゲストはタブレット端末で本人確認とチェックイン作業を行うことができ、滞在中の緊急の対応や問い合わせもタブレット端末からすることが可能である。さらに海外からのゲストが安心して利用できるように日本語の他に英語、中国語、韓国語、ベトナム語の5か国語に対応した利用マニュアルも備える。

宿泊料の設定にはメトロエンジン株式会社が提供するレベニューマネジメントツールを導入する。これにより、リアルタイム・データに基づき、AIを用いて価格を算出することで、適正な宿泊料の設定を図る。また、レオパレス21は全国で約57万戸の物件を管理運営し、エリアごとに定期清掃や入居中の緊急対応を行う管理センターを設置しており、民泊運営についても管理センターのスタッフが宿泊者をフォローする。

レオパレス21は、インバウンド需要増に備え、2019年11月までに福岡県、神奈川県、愛知県、東京都、大阪府、奈良県にて、計15棟130戸の運営開始を目指す。

【参照記事】レオパレス21、初の民泊運営を28日より開始。福岡、愛知の保有物件3棟で
【参照記事】レオパレス21 同社初となる民泊物件の運営を開始 2018年12月28日(金)より自社物件3棟でスタート
【関連ページ】『メトロエンジン』のサービス詳細ページ

「HOTELIER 編集部」


ホテル関連のオススメしたいサービス

   

衛生対策やホテルの運営代行サービス、販促サービスなどをご紹介しています。

新時代のウイルス対策

コロナ対策で光触媒!先着100名様限定!
¨ホテリエみた¨で5%off
「ウイルス侍」
 

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国宿泊施設に対応、1000室以上の運営実績。
ホテル・旅館の運営代行なら「オックスコンサルティング」

詳細を見る

ホテル販促サービス

ホテルや歴史的建造物など多数導入実績有。
販促サービスなら「3Dバーチャルツアー作成サービス」

 

詳細を見る


あなたにオススメ

記事をもっと見る