チェックインシステムのまとめ・比較

チェックインシステムとは?

チェックインシステムとは、ホテルや旅館などの宿泊施設のチェックインに用いられるシステムのこと。タブレットやスマートフォンを使って、無人や非対面で宿泊者情報や本人確認作業、パスポートデータの取得など宿泊台帳の取得や鍵の授受が可能となるシステムを差す。自動精算機能を備え、宿泊料の支払いにも対応するシステムもある。

現在、人件費の高騰に伴い省人化の流れが進んでおり、フロントスタッフの工数削減のため、チェックインシステムを導入する施設が増えている。近年では、民泊や一棟貸しなどスタッフが常駐しない形態の宿泊施設が増えており、合法的にオンラインで遠隔地からチェックイン対応ができるチェックインシステムは多くの施設で活用されている。

チェックインシステムを比較

チェックインシステムを取り扱う企業2社を検証。

HOTEL SMART(ホテルスマート)

ホテルチェーンから小規模民泊施設まで、規模や運営形態に関わらずご利用可能な最新のクラウド型ホテルシステムです。単なる効率化のための業務システムではなく、売上向上を目指すという思想のもと、ブッキングエンジン・PMS・モバイルチェックイン・モバイルオーダー・リピート促進機能のラインナップでシステムを提供しています。
旅前・旅中・旅後とお客様と接点を広くカバーしたシステムで、顧客満足度の更なる向上につなげられるのが特徴です。導入サポートも手厚く対応しており、導入時にはオペレーションが軌道に乗るまで伴走いたします。

(2021年12月16日時点の情報)

maneKEY(マネキー)

「maneKEY」は宿泊施設のチェックイン業務を省力化するIoTソリューションです。宿泊事業者のフロント作業をAIやIT機器を組み合わせることで簡略化し、人の代わりにシステムがチェックイン業務を代行してくれるサービスを目指しています。

マルチ言語、AIを活用した本人認証による無人でのチェックイン、スマートロックを使用したキーレスに対応しており、人材不足の解消と生産性の向上を図ります。
部屋数が10部屋以下の小規模な宿泊事業者様にもご利用いただけるよう、従量課金プランを用意することでランニング費用の低価格化を実現。民泊、旅館、コテージなど、それぞれのニーズに合わせたカスタマイズにも柔軟に対応します。

maneKEYの詳細を見る maneKEYのサイトを見る

 

(2022年11月29日時点の情報)

 

あんしんステイIoT

「あんしんステイIoT」とは楽天コミュニケーションズ株式会社が提供している「タブレット端末」「スマートロック」「騒音センサー」「IoTゲートウェイ」の4つの製品により、宿泊事業の運用時に生じる鍵管理、宿泊者名簿作成、チェックイン時の本人確認、宿泊者サポート、チェックアウト、騒音対策などの手間や労力を約1/3に軽減できるIoTサービスです。
美和ロッ ク社製専用スマートロックやチェックインシステム、 IoTゲートウェイなど無人化・省力化に必要な機器が 揃います。また、プライバシー保護基準を遵守した高度な情報セキュリティ環境を整えている点も特徴です。すでに2,000施設以上に導入されており、現在宿泊施設の無人化、施設運営の省人化を検討中の事業者に大変おすすめのサービスです。

(2021年12月16日時点の情報)

Tabiq(タビック)

「Tabiq(タビック)」とは株式会社リクリエが開発する宿泊施設向け非対面チェックインシステムだ。同社は福岡に拠点を置き、自ら無人ホテルチェーン「グランドベース」を全国58ヶ所に展開する一方、iPadを使用するSaaS型チェックインシステムを全国のホテル、旅館、民泊などに提供している。同社が実施した導入施設へのアンケート調査結果によれば、チェックインに要する時間が短縮された、人員配置数が削減できた、ホテル運営に係る人件費が削減された、お客様からの問い合わせが削減できたなど、目に見える効果が出ているという。

(2022年2月9日時点の情報)

 


ホテル関連のオススメしたいサービス

   

衛生対策やホテルの運営代行サービス、販促サービスなどをご紹介しています。

新時代のウイルス対策

コロナ対策で光触媒!先着100名様限定!
¨ホテリエみた¨で5%off
「ウイルス侍」
 

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国宿泊施設に対応、1000室以上の運営実績。
ホテル・旅館の運営代行なら「オックスコンサルティング」

詳細を見る

ホテル販促サービス

ホテルや歴史的建造物など多数導入実績有。
販促サービスなら「3Dバーチャルツアー作成サービス」

 

詳細を見る

あなたにオススメ

記事をもっと見る