宿泊施設向け自社予約システムCHILLNN、 自社予約経由の全国旅行支援チェックイン処理を30秒に

株式会社CHILLNN(代表:龍崎翔子)は、2022年10月13日(木)より、全国旅行支援専用の事務処理用のツールの提供を開始いたしました。提携施設にて実際にこのシステムを利用したところ、自社予約経由の宿泊予約に関する全国旅行支援のチェックイン処理を、1件あたり30秒以内に終わらせることができるようになりました。また、チェックイン時に入力した情報を元に、事務局に提出するためのCSV出力を簡単にミスなく行うことができます。

開発の背景
全国旅行支援と、インバウンドの入国制限撤廃によって、円安の後押しもあり、観光業の需要は一気に戻る気配が感じられます。一方現場は、これまで行ってきたランニングフィーの引き締めによって、少数のスタッフで煩雑なオペレーションに対応しなくてはならない状況となっております。せっかく需要が戻ったとしてもオペレーションの負荷によって人材の流出が加速してしまったら、業務の継続が困難になってしまいます。
弊社では、現場オペレーションを簡素化することで現場スタッフの負担を軽減し、人材流出を防ぐことが施設様にとって最も急務だと考え、今回、全国旅行支援に対応して、システムを大きくアップデートいたしました。

全国旅行支援に自社予約が向いている理由
全国旅行支援は、一昨年に行われたGoToトラベルと異なり、利用者側に適用条件が設定されているため、チェックイン当日までお客様が適用対象なのかが確定しません。Online Travel Agent(以下OTA)の手数料は自社予約よりも高いことから、ビジネスモデル上、宿はOTAを介した予約のフレキシブルな変更や追加課金は行うことができなくなっております。追加課金によるトラブルの発生も想像ができます。

また、今回の全国旅行支援では、都道府県によっては県民割なども同時に適用することができ、チェックイン処理が煩雑になるだけでなく、事務局からの入金があるまで、返金用のお金を使うことで、一時的にキャッシュが減っていくという状況になりかねません。自社予約であれば、ビジネスモデル上の違いから、返金や予約変更を施設様が手元で簡単に行えるためこれらのリスクやストレスを最小限に抑えることができます。

さらに、OTAの全国旅行支援の予算は開始早々になくなってしまうケースもあり、自社予約でなければ全国旅行支援の適用が出来ない施設も出てきています。

株式会社CHILLNNについて
株式会社CHILLNNは、東大在学時よりホテルを経営していた龍崎翔子と、同じく東大在学時よりシステムの受託開発会社にてテックリードを務めていた永田諒によって創業された、宿泊施設向けのSaaSを提供するスタートアップです。
龍崎翔子が別会社にて運営する、複数の宿泊施設と密に連携をとりながら実際の課題に対して解像度高く現場に寄り添ったシステム提供を行なっております。

CHILLNNサービスサイト:https://www.official.chillnn.com/

CONTACT

CHILLNN広報部(​pr@chillnn.com)
※取材や掲載に関してのご相談はお気軽にお申し付けください

HOTELIER編集部


ホテル関連のオススメしたいサービス

   

衛生対策やホテルの運営代行サービス、販促サービスなどをご紹介しています。

新時代のウイルス対策

コロナ対策で光触媒!先着100名様限定!
¨ホテリエみた¨で5%off
「ウイルス侍」
 

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国宿泊施設に対応、1000室以上の運営実績。
ホテル・旅館の運営代行なら「オックスコンサルティング」

詳細を見る

ホテル販促サービス

ホテルや歴史的建造物など多数導入実績有。
販促サービスなら「3Dバーチャルツアー作成サービス」

 

詳細を見る


あなたにオススメ

記事をもっと見る