【新型コロナウイルス関連】GoTo全国停止 事業者に50%の補償するも、観光業界に大打撃

14日、観光支援事業「GoToトラベル」が年末年始の12月28日から2021年1月11日まで全国一律停止されることが決まった。
国土交通省や観光庁の現場にも発表直前まで伝えられていなかったほど突然の決定だった。

(写真:人がまばらな東京駅前)

GoToのおかげで客足が増えつつあったが、観光業界にとって恐れていた最悪の事態が起こってしまった。
コロナの新規感染者数は日を追うごとに増加し、感染拡大に歯止めが効かなくなってきている。
ホテル業界の関係者は「これだけ感染者が増えてしまったのではしょうがない」と理解を示しつつも、せっかく回復しつつあった客足が遠のいてしまうこと、また年末年始に入っていた予約分もキャンセルが増えることに大きな不安を抱えている。

 

赤羽一嘉国土交通大臣は、今回の措置でキャンセルされた参加事業者に対する補てんを、旅行代金の一律50%、上限2万円に引き上げることを12月15日に開いた会見で明らかにした。
大阪市や札幌市への制度の一時停止の際には旅行代金の上限35%の補償だったが、すでに年末年始の予約も相当入っており、それに対応する準備も行われていることも考え、事業者への負担を軽減するため従来より手厚い支援を行うこととなった。また、各地方運輸局に窓口を設け、資金繰り、雇用維持の相談に応じる体制を整える予定だ。

 

新型コロナウイルス感染拡大が顕著な札幌市、大阪市、名古屋市、東京都の4都市の新規予約については全国一斉停止を前に「GoToトラベル」の適用を一時停止される。
札幌市、大阪市、名古屋市を目的地とする旅行の新規予約は12月14日から一時停止。東京都を目的地とする新規予約は12月18日から一時停止となる。
4都市を目的地とする既存予約については一定の周知期間が必要とみて、12月22日から27日の出発分に対する適用を一時停止する。

 

35%もの割引があったからこそ、多くの人がGoToトラベルを活用した。
年末年始の書き入れ時を目前にしての全国規模での停止となり、ホテル業界には大きな打撃となる。
また年始から春休み頃までは、業界は基本的にオフシーズンとなるため、感染拡大も相まって1月11日にGoToが再開されてもさらに厳しい状況に追い込まれ、業界は再び正念場を迎えることになる。

 

【参照記事】
https://www.sankeibiz.jp/business/news/201215/bsd2012152123008-n1.htm
https://www.gifu-np.co.jp/news/20201215/20201215-29212.html
https://www.travelvoice.jp/20201215-147738


ホテル関連のオススメしたいサービス

   

衛生対策やホテルの運営代行サービス、販促サービスなどをご紹介しています。

新時代のウイルス対策

コロナ対策で光触媒!先着100名様限定!
¨ホテリエみた¨で5%off
「ウイルス侍」
 

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国宿泊施設に対応、1000室以上の運営実績。
ホテル・旅館の運営代行なら「オックスコンサルティング」

詳細を見る

   

ホテル販促サービス

   

ホテルや歴史的建造物など多数導入実績有。
販促サービスなら「3Dバーチャルツアー作成サービス」

詳細を見る


あなたにオススメ

記事をもっと見る